赤ちゃんの夏の汗疹に保湿ケアが重要な理由

赤ちゃんの夏の汗疹に保湿ケアが重要な理由

赤ちゃんの夏の肌トラブル汗疹(あせも)はケアなく、そのままにしていると大変なことになりかねません!たかが汗疹といっても気をつける必要があるのです。

 

 

夏は赤ちゃんの肌が乾燥しないから、スキンケアは必要ないと思われがちですが、そんな方のお子さんには汗疹が広がり、酷くなっているケースが多いのです。

 

その理由は
赤ちゃんのお肌は大人より、水分を保持できる量も少ないので、冬に限らず、夏も乾燥していることがあるのです。

 

 

乾燥している赤ちゃんの肌が汗でふやける事で、より防御機能が弱まっている状態です。

 

つまり簡単に菌が入ってしまう状態です。
そうなれば、簡単に炎症を起こし、かゆみが起こり、汗疹となってしまうのです。

 

 

汗疹の初期の段階にケアをしてあげれば、1日あれば回復しますが、気付いた時には汗疹が広がって化膿していることが多くあります。

 

 

赤ちゃんの汗疹のケア方法は清潔にすることです。
夏の場合は小まめにオムツを換えてあげて、蒸れない環境にすることです。

 

大量のオシッコやウンチをした場合は水で洗い流すことです。
ただこの時、水だけで洗うことが大切です。何度も石鹸を使うことで皮膚が弱くなることがあるからです。

 

 

入浴後はしっかりと保湿してあげることです。
保湿は肌に水分を足してあげて、守ってあげることができるからです。夏でも乾燥している肌に保湿で潤わせれば、汗疹にも負けない肌になります。

 

毎日の赤ちゃんの保湿ケアをすることで、肌トラブルの少ない肌になるんですよ